設置主体
社会福祉法人 つくしの里福祉会
所在地
福岡県田川市大字川宮1524-10 〒826-0042

つくしの里

TEL. (0947) 44-5615
FAX. (0947) 45-2914
E-Mail:t-1@t-tukusi.or.jp

第2つくしの里

TEL. (0947) 42-9479
FAX. (0947) 42-9480
E-Mail:t-2@t-tukusi.or.jp

情報交流ひろば(掲示板)

つくしの里とみなさんとの相互交流が広がればいいなと思っています。
ご意見やご要望などございましたら、どしどしご記入ください!
お名前:
メールアドレス:
メッセージ:
書込みパスワード: ←「なかま」をローマ字で入力してください。

松岡幹夫(#1055)

2018年09月07日 22時53分

この記事に返信する
知事に特権として暴走容認の数々
 法務局は知事に暴走目こぼし権なんかないと言ってそれ以外は一言も答えなくどうしても暴走容認になる。友の会を辞めた時は自立支援法が廃止になって間もないときに辞めた為それを悪用されたことになる。そして親を馬鹿にしたまま関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体ね行かせない。社会参加は12年で12回の妨害です。
 法務省は10回も意見言って数日で返事どころか2ヶ月も一つも来ない。法務局にしても逢って話すことにこだわっているのは口約束で揉み潰したいからですか。まさしくばれなければいいとする形です。
 司法がメール妨害したのも知事をかばう形です。
 掲示板に実名で書くなと言ってもかん口令を逆手にとって書きたい放題にし、批判も反論も12年一つも来ていない。来たのは妨害だけ。止めたい理由の本音は一部が外国に流れているから世界に非難されるのを防ぎたいからになる。
 手紙で話した分だけ意見があるのに知事をかばう暴走目こぼし権なんか無いと言う以外一つも来ていない。口約束として揉み潰しやすいからでしょう。
 それとも親を馬鹿と認めないからと言う理屈で逮捕するのですか。
 看板団体の暴走隠しだけなら判るとしても差別、妨害のやりたい放題です。 しかも通訳差別も3年前から続けている。情報センターさえ貸出し拒否が10ヶ月続いています。盲ろう者だと言うのに3年前通訳介助チケットを再開しても一枚も使わせな(通訳を貸さない)。今年はまだ発行しない。
 強権と言うより暴拳。人権を守る立場で破壊を容認している。
 擁護係りは法務省から県庁相手の見解を聞いているらしく町で悪口の噂を流している人の悪口を止め、ついでに法務省の見解も話したこと。此方には諦めろと言うだけで他は見解も何も聞いていない。
ってもやり過ぎです。法務省はたかが障害者の一人くらいとしか見ていない。
 それより県の看板を守ろうとする知事はともかく小笠原さんのやることはボランティアのやることでない。ろうあ協会会長石川君は障害者で知恵遅れから来たこと。簡単に許されて余計無責任になんる。
 親を馬鹿と言う片割れ小笠原夫妻のいる北上の社協に宛て知事命令で無視なら再び全国に名誉市民だと知らせます。金はかかっても法務省のネズミ捕りに
は引っかからない。    
 そしてクラスメートが産業課の課長だったことから親父の記録をコピーして貰いこれも送ります。7年ほど前は県庁にも届けたが突っ返して来た。今度はどうか。それから下の文は上に追加して水沢のサークル会長のいる奥州市社協に送ったものです。馬鹿でも真似出来ますか。
 最低でも小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放を。小野寺良子さんは大本家に謝罪に来ればいいとします。
 それに聾唖者の社会の常識論とは一人で考えたと思えない。オーバーに喋り嘘も方便式にけしかけたとすれば小笠原さんの仕業でないか。それも聾唖者の社会は上辺しか知らない人が常識論をぶち上げていた。嘘も方便の社会です。 聾唖者の大半は通訳を見習って常識を覚えていく。

20件は親父の記録をコピーして届けた。金がかさむから。

jz6tng6 (#1054)

2018年08月18日 10時54分

この記事に返信する
全国の社会福祉協議会様

 口封じの意味はワイロ代わりか。 
 12年前岩手の盲ろう者友の会事務局長が読み書きの出来ない聾唖者の猜疑心から出たあいつの親父は馬鹿なのだというのを次期会長(現ろうあ協会会長)のためゴマすりのけしかけからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出し馬鹿らしいとして退会した。後から全通研が聾唖者はかわいそうなんですと改心を押し付けに来た。親を馬鹿とは石川会長の仕業と判る。
 この頃から岩手の看板団体の暴走を隠すため完全沈黙のかん口令を敷かれ関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせない。社会参加妨害は12年で12回になる。
 昨年は花巻の全国大会に参加したが知事から誰も合わせるなとされて全国の友の会も全国協会もその勧めてくれた事務局長も全部あいつに関わるなと口説き伏せられて寝返らせた。完全孤立して全国協会賛助会員は退会した。
 そして全国の社協に暴走目こぼし権があったらと問い合わせついでに岩手の暴走をばらし、県外との完全沈黙の囲みを破った。
 今年2月もう12年目で疲れて親は好きなだけ馬鹿にしていいとしてこれまでの圧力は廃止を求めたが抹殺しか考えて居ない。
 地元役場に説明抜きのかん口令が来たら孤立は深まるとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めた。
 6月は打つ手も無く全国の社協にこれ以上は迷惑を招くとして最後の挨拶をし、初めて法務省にもう諦めたいとメールした。
 それを諦めるなと言い水沢の法務局に行って直接話せと言われた。
 ここで最後のチャンスと見ていたが中身は掲示板に実名使うなということだけ。社協への最後の挨拶も司法の手で妨害されていた。法務局に何度も行けなくて手紙を20回も出していたが直接話さないと判らないと言いながら暴走目こぼし権なんかないと知事をかばう事だけの返事が来ている。他は何も答えない。 法務局は時効までの時間潰しと揉み潰ししかしないのか、前から疑問になっていた。最後に地元の擁護係りが紹介された。これは別社会へ行くときのアドバイスだけ。初めから県庁は諦めろと言う。
 法務局の受信拒妨害は県庁に有利に進めたことになる。対策も何も口にしない。友の会を辞めた頃は自立支援法が廃止にされていた。そして今は復興が叫ばれ、対して障害者の一人位として暴走はばれなければいいとする許可が容認されていたことになる。知事も厚生労働省も法務省も説明はしない。法務省へのメールは10回位だが数日後に返事すると言って1ヶ月も一つも返事しない。 厚生労働省はその倍でも完全沈黙。人権を守る立場で破壊を協力するとは。 障害者の一人位と言う感覚で仕事して居るのか。これでは疑問を県庁に電話すれば口封じのかん口しか来なくなる。それでもばれてしまえばただの暴走になる。社会参加はおろか通訳団体(派遣通訳、要約筆記の会、盲ろう者友の会)全部が3年前からの差別し説明しない。情報センターは会員のメール版もビデオなどの貸し出し拒否9ヶ月も続けている。親父は現代の名工に選ばれて知事表彰受けている。
 盲ろう者友の会、ろうあ協会、全通研も仲間を守れと言う暴走に非難は避けられない。差別、妨害に12年も耐えて来たのだから。
聾唖者へのおだてけしかけを繰り返した友の会事務局長小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放すべき。本気で反省するなら役員総辞任(無知から暴走を招いた石川会長も辞任すべき)して作り直すべき。知事に暴走目こぼし権が行き過ぎる。

 岩手の知事の暴走は自立支援法が廃止になった次の年に友の会から馬鹿らしいとして退会したらかん口令を広げ親は馬鹿のままにし関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせず社会参加は12年に12回妨害した。自立支援法が復活しても変わらない。暴走を暴走で隠し続けた。そしてかん口令は更生相談所にも障害者の社会参加推進センターにも地元一関の身障協にも及んだ。当時法律がなかったのと今は復興が叫ばれ、相手はたかが障害者一人となるとばれなければいいとして暴走は容認されたことになる。
 6月の全国の社協に最後の挨拶としてのメールは司法が暴走を協力容認していた。人権を守る立場で破壊の協力とは。
 ばれても謝罪する気はあるまい。こちらから全国に知らせることにします。 そしてこれが最後の挨拶になります。社会的復権のために。迷惑にならないよう知らせるだけです。
 

 妻はがんで亡くなり息子は仙台の大学を出ると現場監督として働き。こちらは小脳萎縮でヘルパー付きで一人暮らしです。
 裁判に駆け込む金も無い。
 看板団体の暴走を隠すためとしてこちらはたかが聾唖者の一人くらいとしか見ず完全孤立しました。13年前に自立支援法が廃止になり悪用され今は復活してもなりふり構わなくなった。今は復興が叫ばれ相手はたかが障害者一人として岩手の暴走はばれなければいいとして厚生労働省も法務省も許可容認されています。裁判には金が無い。
 全国協会の庵さんは全国大会への参加を勧めながら知事に口説かれて完全孤立しました。読み書き出来ない聾唖者の猜疑心がここまで来るとは。
 そして本人は反省より知らなかったと言えば正義になると決め込んでいます。
 ろうあ連盟も全通研も仲間を守れということしか関心持って居ない。    障害者が困っていると言っても全国の支援団体は全部が知らん顔している。
 一番おかしいのは同じ障害者に軽視していてる全国協会です。障害当事者の会は発言力もない。

元岩手の盲ろう者(#1053)

2018年07月22日 03時55分

この記事に返信する
暴走しようと岩手にとっては合法と言う法務省
 過去より今として告発より4年前からの現実として通訳団体の差別や妨害は違法でしょう。情報センターの貸し出し拒否も。
 調べれば知事の命令と判るはず。まもなく13年の完全孤立です。 法律の無かった頃の話ではありません。先に出した事への答えはいつまで待っても来ない。それさえも時効になってしまう。
 通訳差別以下は2年前の10月からです。今年10月で満3年です。時効にならないうちに何とかなりませんか。
 情報センターのビデオなどの貸し出し拒否そは去年の11月ころからで8ヶ月目です。早くしないと揉み潰し工作が入ります。
 知事の暴走は全国にばらせば告発に等しい。
 と思っても擁護係さえも別のことを考えろと。
 厚生労働省は掲示板を作り実名でも好きなだけ書けとし載せる。 法務省は諦めるなと言いながら法務局に話せとしか言ゎず。そして法務局は掲示板は実名使うなと言うだけ。そして擁護係を推薦したが。ここは別の話しにしてと何もなかったかのように諦めろと言う。
 法務省にとって障害者の一人くらいどうでもいいと言うのか人権は破壊されたまま後は棄てればいいと言うのか。
 そして岩手の看板団体だからと暴走しようと暴走で隠す。
 完全沈黙のかん口令を敷いた。更に関わった人も団体も友達も口封じに全部取り上げた。どこの団体も行かせない。社会参加はさせないこと今年で12年目にして12回になる。
 更に講演会に通訳貸さない差別強行の始まり。栃木と交流が社会参加以外何も関わるなとされたこと。大阪は賛助会員として入りながら岩手にばれて辞めてくれと言われたこと。そして昨年は 全国大会に知っている人は全国の友の会も岩手も誰も合わせない。全国の友の会も全国協会も大会を勧めた事務局長庵さんも知事にあいつに関わると口説き伏せられていた。
 掲示板に実名書くのはかん口令をを逆手に取ったてこ問い゛か来たい放題に実名入りでも12年批判も反論も一つも来ていない。 来るのは妨害だけ。代替し法務省は何もしていない。全国の支援団体はほっかむりだけ。岩手では更生相談所も障害者の社会参加推進センターさえもかん口令が入っていれば非常手段をとるしかなくなります。こっちが被害者です。訴えるぞと脅かしても誰も度胸が無い。復興と引き換えに暴走目こぼしの手形を持って居るとはっきり言えない。それとも知事の暴走は公表しますか。

松岡幹夫(#1052)

2018年06月09日 15時39分

この記事に返信する
全国の社協様

 説得力の無い新自立支援法の中身
 これまで掲示板に載せたことは知事でも厚生労働省でも法務省でも質問すれはいい。面子にこだわってたかが障害者の一人として12年どこからも説明は来ない。知事は看板団体の暴走を隠すために暴走し、厚生労働省と法務省は法律らしいのが無かった頃の話でも違法とも呼べず面子から犠牲はどうでもと隠すことし早く言えば障害者一人より面子を選んだ。そして法務局には適当にあしらえとされたことは事実のように今は法務局さえ完全沈黙した。
 12年も説明無しの話を誰が信じますか。金がかかるため手紙で3年前から相談していました。来たのは知事に暴走目こぼし権なんて無いと言うのと和解の協力は出来ないと言うだけ。社会参加を全国の社協は完全参加平等と言います。差別、妨害は岩手だけです。掲示板は国内だけでなく外国にも流れ翻訳されるのもあります。世界中から非難や失笑に後ろ指が行きます。
 岩手は完全沈黙で告発は無理の上抹殺しか考えていない。ならば後は責任持てず後は野となれ山となれです。「復権と小笠原夫妻の通訳資格剥奪追放なら別」とし。全国の社協等の掲示板に出しましたが県庁も福祉課も岩手の社協も受信拒否。完全沈黙では効果ない。全国にしても岩手に問い合わせすれば説明抜き相手にするなしか来ないだろう。岩手に問い合わせするくらいなら説明求めればいいでしょう。人権を破壊した状態に説明より関わらせない。12年の圧力のまま厚生労働省は障害者の味方のはず。そんなに面子が大事ですか。
 12年も社会参加もさせず口封じから友達も全部取り上げた。
 それも自立支援法が復活したら差別も妨害もなりふり構わず露骨になった。と言うことは法律らしいのが無かったことを承知で暴走隠しを強行した。それより岩手の団体の暴走を叱りつけるべきでないか。団体優先にして隠した。結局はばれなければいいとろうあ協会会長の知恵遅れまで隠した。被害者が出た事を認めるのは恥ずべき事になり法務省も厚生労働省も認めるより面子から障害者の一人くらいと隠し続けた。全国の社協も疑問に写っている筈。一般もごまかした。誰もボランティアがそんなことするはずは無いと思うから隠しやすいと見た事になる。どう理屈をこねても人権を破壊されたことは事実で変わりは無い。
 情報センターは密告専門らしくビデオ貸し出しも拒否のままここだけ受信拒否しない。更生相談所も障害者の社会参加推進センターも一関の身障協も口封じに入会お断りのまま。法改正を発表しない限り無駄。必死に抵抗しても県庁から看板団体の暴走隠しに此方の社会参加妨害や誰一人関わらせず友達全部取り上げた。
 それが自立支援法が廃止になっていた頃で友の会を辞めたため暴走隠しに初めからの抹殺号令だった。こんな馬鹿なことやるより暴走団体を叱り付けるべきだった。既に障害者の一人くらいとしか見ていない。被害者がいるとなると完全沈黙で逃げるだけで面子優先にした。自立支援法廃止の意味を知っていたからこそ完全沈黙でガードしたことは初めから暴走しようと団体を守るためとして抹殺しか考えていなかったことになる。疎の為にかん口令で固めたのが始まり。復活したら露骨になった。今は復活でも法務省も厚生労働省も面子から動かない。法が変わっても公表出来ない有様で人権は破壊されたままです。
栃木との交流も全国大会も講演会も大阪との賛助会員も全部岩手に妨害され、通訳差別は社協の派遣通訳も要約筆記の会も盲ろう者友の会もいまだに説明しない。暴走目こぼしの特権の理由は無謀備法時代の法律を引きづったせいでとなるか。法の下に何人も平等だと言うのか。団体優先にしての暴走隠しでないか。完全沈黙は和解すより抹殺しか考えていにいことを示しています。

法務局は暴走目こぼし権なんか無いと言って現実は特権として認められていた事になります。法事国家にこんな法律があるとは。
  口封じから通訳さえ貸さないのを当たり前の差別するこんな社会と手を切り別の障害者の団体にばれないように行きます。
  ご迷惑かけました。

 元岩手県盲ろう会員松岡幹夫
 〒029-0303 岩手県一関市東山町松川字町裏の上38
 電話・ファクス 0191-48-2407(但し一人暮らしで電話は無理)
 e november@athena.ocn.ne.jp

jz6tng6 (#1051)

2018年06月09日 15時36分

この記事に返信する
全国の社協様

 説得力の無い新自立支援法の中身
 これまで掲示板に載せたことは知事でも厚生労働省でも法務省でも質問すれはいい。面子にこだわってたかが障害者の一人として12年どこからも説明は来ない。知事は看板団体の暴走を隠すために暴走し、厚生労働省と法務省は法律らしいのが無かった頃の話でも違法とも呼べず面子から犠牲はどうでもと隠すことし早く言えば障害者一人より面子を選んだ。そして法務局には適当にあしらえとされたことは事実のように今は法務局さえ完全沈黙した。
 12年も説明無しの話を誰が信じますか。金がかかるため手紙で3年前から相談していました。来たのは知事に暴走目こぼし権なんて無いと言うのと和解の協力は出来ないと言うだけ。社会参加を全国の社協は完全参加平等と言います。差別、妨害は岩手だけです。掲示板は国内だけでなく外国にも流れ翻訳されるのもあります。世界中から非難や失笑に後ろ指が行きます。
 岩手は完全沈黙で告発は無理の上抹殺しか考えていない。ならば後は責任持てず後は野となれ山となれです。「復権と小笠原夫妻の通訳資格剥奪追放なら別」とし。全国の社協等の掲示板に出しましたが県庁も福祉課も岩手の社協も受信拒否。完全沈黙では効果ない。全国にしても岩手に問い合わせすれば説明抜き相手にするなしか来ないだろう。岩手に問い合わせするくらいなら説明求めればいいでしょう。人権を破壊した状態に説明より関わらせない。12年の圧力のまま厚生労働省は障害者の味方のはず。そんなに面子が大事ですか。
 12年も社会参加もさせず口封じから友達も全部取り上げた。
 それも自立支援法が復活したら差別も妨害もなりふり構わず露骨になった。と言うことは法律らしいのが無かったことを承知で暴走隠しを強行した。それより岩手の団体の暴走を叱りつけるべきでないか。団体優先にして隠した。結局はばれなければいいとろうあ協会会長の知恵遅れまで隠した。被害者が出た事を認めるのは恥ずべき事になり法務省も厚生労働省も認めるより面子から障害者の一人くらいと隠し続けた。全国の社協も疑問に写っている筈。一般もごまかした。誰もボランティアがそんなことするはずは無いと思うから隠しやすいと見た事になる。どう理屈をこねても人権を破壊されたことは事実で変わりは無い。
 情報センターは密告専門らしくビデオ貸し出しも拒否のままここだけ受信拒否しない。更生相談所も障害者の社会参加推進センターも一関の身障協も口封じに入会お断りのまま。法改正を発表しない限り無駄。必死に抵抗しても県庁から看板団体の暴走隠しに此方の社会参加妨害や誰一人関わらせず友達全部取り上げた。
 それが自立支援法が廃止になっていた頃で友の会を辞めたため暴走隠しに初めからの抹殺号令だった。こんな馬鹿なことやるより暴走団体を叱り付けるべきだった。既に障害者の一人くらいとしか見ていない。被害者がいるとなると完全沈黙で逃げるだけで面子優先にした。自立支援法廃止の意味を知っていたからこそ完全沈黙でガードしたことは初めから暴走しようと団体を守るためとして抹殺しか考えていなかったことになる。疎の為にかん口令で固めたのが始まり。復活したら露骨になった。今は復活でも法務省も厚生労働省も面子から動かない。法が変わっても公表出来ない有様で人権は破壊されたままです。
栃木との交流も全国大会も講演会も大阪との賛助会員も全部岩手に妨害され、通訳差別は社協の派遣通訳も要約筆記の会も盲ろう者友の会もいまだに説明しない。暴走目こぼしの特権の理由は無謀備法時代の法律を引きづったせいでとなるか。法の下に何人も平等だと言うのか。団体優先にしての暴走隠しでないか。完全沈黙は和解すより抹殺しか考えていにいことを示しています。

法務局は暴走目こぼし権なんか無いと言って現実は特権として認められていた事になります。法事国家にこんな法律があるとは。
  口封じから通訳さえ貸さないのを当たり前の差別するこんな社会と手を切り別の障害者の団体にばれないように行きます。
  ご迷惑かけました。

 元岩手県盲ろう会員松岡幹夫
 〒029-0303 岩手県一関市東山町松川字町裏の上38
 電話・ファクス 0191-48-2407(但し一人暮らしで電話は無理)
 e november@athena.ocn.ne.jp

松岡幹夫(#1050)

2018年05月27日 21時23分

この記事に返信する
自立支援法廃止は暴走目こぼし権に匹敵
 12年も前岩手の盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと読み書き出来ない聾唖者が次期会長の為おだてゴマすりで馬鹿らしいと退会した。それが岩手の看板団体の為完全沈黙のかん口令で囲み、誰一人関わらせない。どこの団体も行かせない。社会参加はさせない。これだけでも証拠は作れず告発は出来ない。
 それが4年程前から差別や妨害が激しくなった。
 黒幕は知事で知事に暴走目こぼし権があるとしか思えない。この頃から人権問題で法務局、法務省と関わり、もう一つは障害者問題として厚生労働省と関わった。
 共通点が疑問になった。厚生労働省は完全沈黙。法務省は法務局に話せとしか言わない。法務局は暴走目こぼし権なんて無いと言うのと和解への協力は出来ないとしか言わない。
 それから5ヶ月して障害者の自立支援法が廃止になっていたと厚生労働省の掲示板から知りました。書いた中身は全部自分のだった。
 13年前に自立支援が廃止になって意見や要望の必要から掲示板が作られていた。神戸で障害者90人の反対デモがあったと。更に自立支援法は5年程前に復活していたと。
 県庁の暴走が激しくなったのは自立支援法が復活した頃からになる。なりふり構わなくなったことになる。しかも自立支援が復活なら何故差別や妨害が激しくなるのか。
 その理由は廃止になった後当時の法律は無法状態なのか。そんな法律を使っていたことがばれる。厚生労働省にしても当時の法律の下で起きた為違法と言えず法務省も隠すだけで動けなくたかが聾唖者一人位と説明不能のままで完全沈黙抹殺しか考えていない。障害者の為に擁護係りと言うのがどっちにもあるのに人権無視をどっちも続けて来たことになる。
 これが政府の面子として完全沈黙で隠したいからなのか。
 完全沈黙は岩手だけで全国の口まで塞げない。
 法律が変わったのなら差別、妨害は禁止のはず。社会参加妨害は12年になり友達は全部取り上げられている。口封じから関わった人も団体も2度と逢わせない。そして知事も厚生労働省も法務省も説明一つ残さず抹殺の口封じしか考えていないことを示している。
過去の岩手の暴走はとっくに全国にばれている。その上でこちらの人権は復権を求め岩手の暴走は今更ばらす必要も無い。
 全国から非難と失笑と後ろ指だらけになる。聾唖者は嘘も方便やおだてで動かすのでなく本音と建前の区別が利かなく真実を話すべき。大抵は通訳を見習い社会生活を覚えていく。その点小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放すべき。殆どはこの二人の仕業だから。


 この話は知事でも厚生労働省でも法務省でも質問すれはいい。
 どっちも説明出来ないだろう。知事は看板団体の暴走を隠すために暴走し、厚生労働省と法務省は法律らしいのが無かったときの話でも違法とも呼べず無かったことにする扱いをした。早く言えば障害者一人より面子を選んだ。そして今は法務局さえ沈黙している。12年も説明不能の話を誰が信じるのか。
 社会参加のことを全国の社協は完全参加平等と言います。差別、妨害は岩手だけです。
 掲示板は国内だけでなく外国にも流れ翻訳されるのもあります。
 世界中から後ろ指や非難が行きます。
 完全沈黙で告発は無理だから後は野となれ山となれです。
 「復権と小笠原夫妻の通訳資格剥奪追放なら別」とします。

松岡幹夫(#1049)

2018年05月17日 20時49分

この記事に返信する
完全沈黙で抹殺計る岩手の暴走。13年前の自立支援法の廃止を盾に看板団体の暴走を隠し続け、5年程前に支援法は復活したが暴走隠しは強硬でも過去の法律が元となって法務省も厚生労働省も沈黙するだけ。
 12年も抹殺を図られています。

 自立支援法が復活しても変わらない差別
 岩手の盲ろう者友の会やろうあ協会の暴走による社会参加妨害や誰一人関わらせない、どこの団体も行かせないなどの暴走は12年におよび昨年全国大会は全国の友の会も岩手の友の会の知っている人は口封じから誰も逢わせなかった。
 調べたら知事が黒幕で全国の友の会も全国協会も口説き伏せられていた。参加を勧めた全国協会も口説かれて寝返って居た。厚生労働省も法務省も完全沈黙して知事に暴走目こぼし権があるとしか思え無かった。
 昨年秋全国の社協などに暴走目こぼし権について問い合わせついでに岩手の暴走を全国にばらした。これで完全沈黙を破って置いた。 秋から年末に掛けて繰り返しもあって200くらいになる。迷惑か、非難がくるかと思ったら一つも無く反対に丁寧に届きました手と14軒から返事が来た。
 2月になると12年目の差別の疲れから県庁福祉課の課長に親を馬鹿にしていいとして今までの圧力を廃止にして欲しいと和解を求めたが和解は暴走がばれるだけで抹殺しか考えていない。無視された。
 これでは説明抜きのかん口令が役場に来たら完全孤立してしまうとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めました。
 その後も全国の社協など暴走振りを話した。完全沈黙は県内だけになる。2月から現在まで繰り返しもあって150になる。人権がかかっているから必死になります。
 岩手は何故強硬に抹殺だけ考えていないのかその理由は4月になってやっと判りました。
 友の会を辞めたのは12年前。障害者の自立支援法が廃止になったのは13年前。それで暴走しようと看板団体優先で障碍者の一人くらいどうでもいいと暴走目こぼし権そのものの自立支援法廃止に目を付け完全沈黙でガードしたことになる。
 そして自立支援法が6年程前に復活したらはっきり言えば暴走でも前の法律の元で起こったのだから違法にならず厚生労働省も法務省も手が出ないことになる。完全沈黙の理屈はどっちの味方もしないことが公平だと言う意味なのか。それとも障害者一人くらいと無視しているのか。前者だと信じたい。
 法務局には知らせている。そして法務省に伝わる。返事が無いのは好きにしろと言うことになる。意見をよこしたのは暴走目こぼし権なんて無いと言うことと和解の助けは出来ないというだけ。
 つまりこちらは法律の範囲で行動している。岩手の通訳差別に一関社協は字が読めなくてと3年弁解し続けて時効だろうが情報センターの貸し出し拒否は違法でないか。たまに挨拶だけで会報も字幕ビデオもごまかして7ヶ月も貸し出し拒否のままになった。

松岡幹夫(#1048)

2018年05月02日 12時17分

この記事に返信する
障害者の自立支援法の復活
 こちらが抱えるトラブルとは12年も前からのことで初めから話しても混乱だけになりかねない。障害者の団体の暴走は何も無かったことにして解決したがる。そのために口封じからどこの団体も行かせず誰とも関わらせず友達は取り上げ、社会参加は地元以外全部妨害した。それが12年です。
 それが看板団体の暴走隠しのばれなければいいとする暴走だと入って来た。これに対して知事に暴走目こぼし権がありますかと全国
に問い合わせたら法律関係3者(法テラス、法務局、障害者110番弁護士)だけそんなもの無いと言う。全国の社協は沈黙。関われないとも喋れないとも言える。法務省は何を聞いても法務局に話せとだけ。厚生労働省は完全沈黙。
 障害者の団体はそのハンディからトラブルは出やすく見なかったことにするとかばれなければいいとする配慮をすることが多い。
 知事に緊急時の強権がうあったとしても東日本大震災は友の会を辞めて5年後のことになる。5年前でも強権のうちに入るのか。
 厚生労働省や法務省を見ると知事に暴走目こぼし権があるように思える。完全沈黙に囲まれては証拠が作れなく抹殺しか考えて居ないとあってはいずれ役場に説明抜きのかん口令が入ってしまう。
 それで役場に出向き立場の説明して理解を求めました。
 妨害されようと社会参加を果たすしかない。
 妨害なら完全沈黙の破れた全国にすぐ知らせ、無くても専門団体も通訳(口実付けて貸さない)も無しで果たすのだからどっちに転んでも岩手は全国からいい加減にしろと言われ非難と失笑、後ろ指を食らうことになる。近日予定しています。

 昨年秋パソコンの回線を変えたことでパスワードが出来なくなって休んで居た掲示板を見つけた。今はパスワードは小文字でも出きると判っていた。
 自分のことが特集してあった。友の会を辞めたのは12年前でその2年前に障害者の自立支援法が廃止になっていた。それが多くの障害者の怒りの声が上がりこの程採決されたと書いてあった。つまり岩手がこれまで当たり前に暴走、妨害したことがこれから違法になる。友達も取り上げどこへも行かせず誰もがそんなはずはと理解もしなく絶望感にも強いられていた。それが全国に同じ思いをした人たちが居たとは勇気付けられる思いだった。
 つまり岩手の暴走目こぼし権は無効になるということ。妨害は正当で無くただの暴走

松岡幹夫(#1047)

2018年04月22日 20時33分

この記事に返信する
完全参加に程遠い岩手の差別
 情報センターは視聴覚障害者の専門施設。字幕ビデオを借りるなどしていた。それが半年近く会報も来ない。忘れた頃に挨拶だけ寄越す。県庁から相手にするなと言われたのだろう。字幕ビデオもメール版もまだ来ない。県庁からの圧力は12年目になる為2月県庁福祉課に親を馬鹿にしていいからこれまでの圧力に廃止を求めました。それが和解は暴走がばれるだけで抹殺しか考えていないことを確かめて地元にまで説明抜き口封じのかん口令が入ってしまう。役場に此方の立場の説明と理解を求めました。
 その上で今年こそと社会参加を予定しています。完全沈黙では告発も無理ですが妨害あればすぐ全国に知らせます。何しろ完全沈黙破りに全国200に知らせてあります。妨害はすぐ全国からの非難、失笑、後ろ指を招く。
 その上厚生労働省にも知らせてある。妨害が無ければ看板団体も通訳も通さず盲ろうの上に小脳萎縮の身で挑むのだから。
 実際通訳に社協の派遣通訳、要約筆記の会も知らん顔のまま。 盲ろう者友の会の通訳は何年も前から受信拒否とファクスにも答えない。おまけに通訳介助チケットは4年前から再開したが一枚も使わせない。つまり通訳は貸さないと言うこと。どこも差別の説明もしない。身障協も入会を認めない。
 昨年の全国大会も知っている人は誰一人合わせない妨害をした。 知事が全国の友の会と全国協会事務局長庵悟さんらをあいつに関わるなと口説きふせていた。推薦したのは全国協会庵さんです。これで全国協会に賛助会員としていられず退会しました。庵さんも随分発言力が無い。
 知事に暴走目こぼし権があった訳でなくたかが障害者の一人くらいばれなければいいとする看板団体の暴走隠し。
 暴走を完全沈黙で隠し友達まで全部取り上げて説明もしない。
 東日本大震災の3年前のことをこちらが粘るため緊急時の強権発動の中に入れてごまかしたのでないか。正しいなら何故完全沈黙で囲み説明もしないのか。そして情報センターも差別を容認している。口封じに社会参加妨害は既に12回で12年目です。
 地元は親父が民芸品で現代の名工に選ばれて知事表彰を受けています。あいつの親父は馬鹿なのだとは読み書き出来ない聾唖者が次期岩手県聾唖協会会長(現石川隆会長)の為盲ろう者友の会事務局長の小笠原利行さんがゴマすりに言ったこと。障害者支援団体はどこも無気力なのか一つも無視動かない。
 東日本大震災の前に障害者個人の人権は無視して当たり前か。 説明より差別しか来て居ません。

 厚生労働省は岩手の看板団体に暴走目こぼし権を認めていた。
 知事からごまかされていたと思っていたのが実は容認していた。
 法務省も知っていて証拠が作れないから適当にあしらえと法務局に話していたのか。完全沈黙では証拠は作れる訳がない。
 意見も言わないのも容認していたからでないか。こんなめちゃくちゃな法律があるなんて。障害者のトラブルは出やすくて相互白紙化も予想したが一方的悪に仕立てられたことになる。
 関係した人も団体も完全沈黙で口封じしてどこの団体も行かせない。社会参加妨害は12回になり12年を迎える。おまけ抹殺しか考えていない。復興を叫ばれて3年も前の話を緊急時の強権に入れたのか。厚生労働省に問い合わせして10数回も無視。説明はどこからも来ない。親を馬鹿とも勝手に合法化したのか。

 障害者のトラブルは無かったことにして解決したがり相互白紙化は予想出来るがこちらが被害者だというのに県の看板を守るため口封じから12年も差別や妨害が続いています。
 弁解も通らず障害者は信用出来ないと馬鹿扱いされるだけです。こちらも聾唖者です。知らなかったと言えば正義になると誰が教えたのですか。詫びる方法でも教えたらどうです。それか今の岩手のろうあ協会の会長石川隆君です。証拠も無く人の親を馬鹿にして正当化した。いい加減社会参加妨害や関わった人、団体全て取り上げたままは辞めて欲しい。
 昨年11月から全国の社協にも届けています。繰り返したのも含めて200も超えています。全国協会も全国の友の会も知事に口説きふせられていたことから諦めるかと思ったが説明は来ていなく調べるのにデータを集めそれて社協に問い合わせ、暴走目こぼし権ついでに岩手の暴走を全国に知らせた。返事は法務局と法テラスだけ。
 そして2月社会参加妨害は12年目を迎える。
 神経も参って県庁福祉課に親を馬鹿と認める代わりに今までの圧力の廃止を求めました。それが和解は暴走がばれるだけになるから地元役場に口封じに説明抜きのかん口令が入ってしまう。完全孤立してしまう。それて役場に出向き此方の立場の説明をし理解を求めました。抹殺しか考えないことは予想していたから前後2回で全国の社協ヘ70位。そして4月になると全国に向けて訴えた。更にその結果を続けた。この4月分は140になる。全部合計すると社協と関わってから350近くになります。
 関心を持つ所もあって8軒返事が来ました。人権係りからも連発しました。たかが障害者の一人くらいという暗黙の了解とする暴法に手も足も出せない。 復権の為社会坂参加にご理解お願いします。近日息子と行きます。社協は全国どこも完全参加平等のはずです。

松岡幹夫(#1046)

2018年04月16日 14時05分

この記事に返信する
全国に訴えた結果

 障害者の団体は暴走を完全沈黙の口封じで隠してしまえば不問になると言う特別法があるらしい。それは法務省は法務局に話せと言い、厚生労働省は知らん顔。全国の社協は沈黙。障害者個人の人権は無視。暴走を暴走で隠す関係者や友達も口封じの差別や社会参加妨害を続け和解より抹殺を図る。ならば完全沈黙を破れば不問の特別法はただの暴走になる。此方が被害者だから。それとも引っ捕らえに来ますか。

  
 非難が出るかとも思いましたが全国の社協、掲示板、友の会など一気に60以上出しました。手紙は法律関係だけ。法務局と法テラスだけ。法務省は法務局から伝わる。厚生労働省は合法扱いか無視の為 結果のデータを集めて出した方がいいとして。
 殆どは規約を守ってのメールかファクスだけ。
 入って来た話では県庁の暴走隠しだと知って居た。口封じされたように口が重かったがそれが軽くなっていた。
 知事が根を上げたのか下から漏れて来たように伝わった。
 暴走がばれてしまったのだと。完全沈黙で隠した事を全国に知らせると言う形の完全沈黙破りだった。証拠のないままだから知らん顔のほっかむりだけでこの上の妨害は恥の上塗りになる。
 通訳差別は非難しか出なくなる、社会参加としての旅行は多少先にしてもいい事になり息子と行くことになりました。
 障碍者のたかが一匹と言う発想は他県はやるはずがないとしての問い合わせに仕立てのです。
 復興を盾に厚生労働省を黙らせたかごまかしたことになります。 此方としても迷惑掛けた事から結果を知らせることにしました。 返事来たのは7軒。非難の話は来ていませんでした。
 県庁は抹殺しか考えなくて地元の役場にも説明抜きのかん口令が来るのを防ぎました。情報センターと地元一関の社協は強硬に相手にするなという姿勢のまま。
 視聴覚障害者情報センターは字幕ビデオや会報のメール版は半年届かない差別の強行。一関社協にしても通訳差別の説明は4年も来ていない。意地になったままほとぼりが収まると繰り返すだろう。暴走でも関係者が口封じされたら証拠は作れなくなる。
 結果的には障害者の一人くらいどうでもよいとするばれなければいいと言う暴走だと言う事。県の知事に絶対権が行き過ぎている。緊急時の強権発動は辞めてから3年後にも通用するのか合法なのか。どっちにしても説明は12年来ていない。
 聾唖者はかわいそうだからと嘘も方便のままおだてで暴走を招いたこと。親父が馬鹿だと言う理屈にしても証拠はどこにもない。 次期会長だから(現会長)とゴマすりを利かせるよりはっきり教えるべきでないか。こちらも聾唖者です。
 障害者はそのハンディのためにトラブルは出やすい。そのために見なかったことにするなど障害への理解など暗黙の了解とする法律があってもおかしくないが説明不能では理屈にならない。此方の人権は破壊されたことだから。
no. password

このページのトップへ